安心中古住宅登録制度スキームとは

1. 背景

 埼玉県では、毎年世帯数を上回る新築が供給されており、この傾向が続くと空き家など住宅ストックは増加することが予想されます。また、今後の人口減少、少子化、高齢化などの対策について住宅政策の面からも対応を求められています。 
 そのため、中古住宅市場の活性化と、住み替えを促進するために新築住宅と比較して安価である既存住宅ストックを活用することで、県外から子育て世代などの若年層を呼び込む必要があります。
 

2. 目的・事業内容

 住宅メーカーや金融機関、公的機関などが構成員となっている埼玉県住まいづくり協議会が主体となり、かし保険の加入や耐震基準を満たすなどの一定の条件を満たした住宅を「安心中古住宅」として登録します。
 子育て世帯などがこの「安心中古住宅」を取得することができる仕組みを構築することによって、中古住宅の流通の促進を目指します。
 

3. 事業スキーム

02_%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%9b%b32

4. 事業のメリット

 「安心中古住宅」として認定された物件は、販売広告などに認定マークを使用できるほか、このHPに掲載されるため、宣伝効果が期待できます。

 

5. この制度に関するお問い合わせ

埼玉県住まいづくり協議会 事務局  
〒330-0853  埼玉県さいたま市大宮区錦町630  住まい相談プラザ内
TEL 048-830-0033  FAX 048-830-0034

受付時間:  10時~12時  13時~18時
ss-kyougikai@saijk.or.jp
http://www.sahn.jp/